に投稿 コメントを残す

i-Smile|TOEICなどの英語能力テストで…。

英語を使いながら「何か別のことを学ぶ」ということをすると、もっぱら英語だけを勉強する場合よりもエネルギーをもって学べる場面があります。自分にとって興味を持っている方面とか、仕事に連なる事柄についてネットなどで動画を探し回ってみよう。

 

i-Smileでも、たくさん暗記すればその場しのぎはできても、いつまでも文法自体はできるようにならない、暗記よりもちゃんと分かるようになって全体を見通せる力を会得することが英語を話せるようになるには大事なのです。

TOEIC等の英語能力テストは、決まった時期に実施されるので、度々試験を受けることは困難でしたが、CASEC(キャセック)というテストならばパソコン等で気軽にトライできるため、TOEIC用のウォーミングアップとしてもオススメできます。

人気のあるニコニコ動画では、学生のための英会話の動画の他にも、日本の単語や恒常的に活用する一連の語句を英語にするとどうなるのかを取りまとめた動画を提供しています。

英語を話すには、種々の効果の高い勉強法が存在して、「オウム返し」に繰り返すリピーティング、シャドウイング方式、「聞いたことを書き出す」ディクテーションと、有名な海外ドラマや映画を盛り込んだ学習方法など、ありとあらゆるものがあります。

英語の学習は、とにかく「英文を解釈するための文法」(入試問題等の文法問題を解くための暗記中心の勉強と別の区分としています。)と「最低限の基本語彙」を覚えることが絶対に外せません。

リーディングの勉強と単語自体の暗記

そのふたつの学習を一度にやるような力にならないことはせずに、単語の覚え込みと決めたら単語オンリーを一度に覚えてしまうのがよいだろう。

最近評判の英会話カフェには、できれば数多く足を運びたい。料金は1時間3000円程度が妥当であり、これ以外にも会員費用や入会費用がマストな所もある。

英語の持つ成句や、名言、格言、ことわざ等から、英語を学びとるという方法は、英語学習そのものをより長く継続するためにも、無理してでもやってみていただきたいポイントです。

欧米人と語らう折りはあるかもしれないが、アジア系のフィリピン、インドなどやメキシコの英語など、身をもって少し訛っている英語を聞き分けができるということも、とても大切な英語力の一要素なのです。

 

TOEICなどの英語能力テストで

高水準の得点を取る事を動機として英語教育を受けている人と日本語と同じように英語を話せるようになりたくて英語授業を受けている人とでは、結局英語を話すという能力に大きな落差が生じるものです。

多数の慣用句を勉強するということは、英会話能力を向上させる最適な勉強方法であり、英語をネイティブに話す人たちは事実しきりと定番フレーズを使います。

実際、英会話は、海外旅行を安全に、それに重ねて満喫できるようにするためのある種の武器のようなものなので、海外旅行で用いる英語の会話自体は、それほどは多いというわけではありません。

英会話のタイムトライアルというものはとっても効果があります。話し方は手短かなものですが、現実的に英語を使った会話をイメージして、瞬発的に会話が成立するように実践練習をするのです。

一般的に英語の勉強をするのだとしたら、①始めにとにかくヒアリングする機会を持つこと、②頭の中を英語だけで考えられるようにする、③いったん理解したことをきちんと持続することが求められます。

公益財団法人 日本英語検定協会