に投稿 コメントを残す

i-Smile|普段からの暗唱によって英語がいつのまにかストックされるので…。

英会話そのものは、海外旅行を無事に、其の上ハッピーに行う為のある種のツールのようなものなので、海外旅行で実際に用いる英語のセンテンスは、そんなに多いというわけではないのです。

初級者向け英語放送(VOA)は、若い日本人の英語を習得しようとしている者の間で驚くほど知られていて、TOEICで650~850辺りの高得点を望んでいる人たちの教科書として、広範囲に歓迎されています。

i-Smile効果なら、TOEIC等のテストで、高水準の成績を取ることを趣旨として英語の学習をしているタイプと自由に英語を話せるようにする目的で英語レッスンを受けている人とでは、最終的に英語能力というものに大きなギャップが発生するものです。

効果的な英語の勉強をする場合は、①まず先に何回もヒアリングすること、②頭の中を日本語で考えることから英語にする、③一度学んだことを忘れることなく継続することが肝心だと言えます。

YouTubeのような動画サイトには、教育の意図で英会話学校の教員や少人数のグループ、それ以外の外国人などが、英語を学んでいる人用の英会話レッスンの有益な映像を多く公開しています。

 

「笑顔で学習する」ことを信条として

英会話の実力を上げるレッスンがあります。そこではテーマに準じたやり取りで話す能力を、トピックや歌といった豊富なテキストを使うことで聞き取る力を向上させます。

聞き慣れないコロケーションというものは、自然に連なって使われる複数の単語の連結語句のことで、円滑な英語で会話をするにはコロケーションそのものの周知がすごく重要だと言われます。

「英語圏の国に滞在する」とか「英語を話す、外国人の知人を作る」とか「映画を英語のまま観るとか、英語圏のミュージックや英語のニュースを聴く」というような方法があるが、とりあえず最初に単語自体を2000個程度は記憶するべきです。

英和事典や和英辞書といったものを活用すること自体はものすごく意味あることですが、英会話の勉強の第一段階では、辞書そのものにすがりすぎないようにした方がよいと考えます。

英語圏の人と話すという機会は多いかもしれないが、メキシコ英語やフィリピン、インドの人が話す英語など、直接的に発音が訛っている英語をリスニングできるということも、大事な会話する能力の一要素なのです。

 

かわいい『ドラえもん』の英語版携帯アプリケーション

「ドラえもんイングリッシュコミックス」なんかも販売されており、活用すればとても難しいイメージの英語が身近になるのでおすすめです。

英語を使いながら「あることを学ぶ」ことにより、単純に英語を学ぶ時よりも心して学習できる時があります。その人にとって自然と心をひかれるものとか、仕事がらみのものについてショップで映像を物色してみよう。

いわゆるスピーキングの練習や英文法学習そのものは、何はともあれ入念に耳で聞く練習をしてから、言わば「暗記しよう」と考えずに慣れると言うやり方を取り入れるわけです。

普段からの暗唱によって英語がいつのまにかストックされるので、大変早い口調の英語のやり取りに対応していくには、それをある程度の回数聞くことでできるようになるでしょう。

ある英会話サービスは、最近評判のフィリピンの英語教育を上手に活用した教材で、英会話をなんとしてでも会得したい多くの日本人に英会話を学ぶチャンスを廉価で提示してくれています。

公益財団法人 日本英語検定協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です