に投稿 コメントを残す

i-Smile|話題の『スピードラーニング』の特徴的なのは…。

わたしの場合は、英語を読む訓練を多く敢行して言い回しをストックしたので、それ以外の他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキング)は、個別に手持ちの英語の参考書等を少しずつやるだけで差し支えなかったです。

 

i-Smile内容でも、日本語と英語の文法がこれほどまでに異なるものならば、現段階では他の外国で妥当な英語学習方法もある程度改良しないと、私たち日本向けには効果が上がりにくいようだ。

オーバーラッピングという英語練習方式をやってみることにより、ヒアリングの精度がよくなる裏付けは二つあります。「発音可能な音は聞き分けられる」ためと、「英語の処理能率がよくなる」ためと言われています。

とある英会話学校では、デイリーに能力別に行われる一定人数のクラスで英会話の稽古をして、それから英語カフェで、実践的な英会話を行っています。学習して実践することがポイントなのです。

英語に馴染みができてきたら、教科書通りに堅苦しく翻訳しようとしないで、印象で掴むように鍛錬してみて下さい。慣れると読むのも話すのも理解するスピードが圧倒的に速くなります。

 

大抵の場合

英会話を修めるためには、人気のあるアメリカ、英国、オーストラリア圏などの生まれた時から英語を話している人や、英語での会話を通常話す人と多く話すことです。

知人はフリーソフトの英単語学習プログラムを活用して、概して2年間位の学習経験のみでアメリカの大学院入試に合格できるレベルの基本語彙を習得することが叶ったのです。

初級者向け英語放送(VOA)の英語によるニュースは、TOEICに頻繁に出題される政治経済問題や文化・科学関連の言葉が豊富に用いられるので、TOEIC単語暗記の解決策に有効です。

英会話中に、耳にしたことがない単語が混じっていることが時折あります。そういうケースで大切なのが、話の流れからたぶんこんな中身かなと推理することなんですよ。

有名なニコニコ動画では、勉強するための英語会話の動画のほか、日本語の単語や語句、よく用いる常套句などを英語にするとどうなるのかを整理した映像が掲載されています。

 

iPod + iTunesを使えば

入手したプログラムをどんな時でもいろんな所で英語学習にあてることができるので、空き時間を有益に利用することができ英会話の訓練をすんなり続行できます。

緊張しないで話すためには、「長い時間、英語で話すシチュエーションを1回もつ」だけより、「短い時間であっても、英語で話す環境を沢山持つ」事のほうがめちゃくちゃ効果があるのです。

話すのは英語だけという英会話の授業は、日本語の単語を英語にしたり英語⇒日本語への言語変換をしたりといった翻訳する過程を徹底的に排斥することで、英語のみで英語を完全に理解する回路を頭に作っていきます。

最近増えているバーチャル英会話教室は、分身キャラクターを使うため、衣服や身嗜みを心配する必要もないため、インターネットならではの身軽さで講習を受ける事が可能なので英語の勉強に専念できます。

話題の『スピードラーニング』の特徴的なのは、ただ聞き捨てているだけで、英語というものができるようになる箇所にあり、英会話ができるようになるには「独特な英語の音」を聞き分けられるように成長することが一番のポイントだと言えます。

公益社団法人日本工業英語協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です