に投稿 コメントを残す

i-Smile|授業の要点を鮮明にした実践型のトレーニングをすることで…。

ある英会話スクールは特徴として、「素朴な会話ならさほど困らないけれど、実際に言いたいことが的確に表せない」という、英語経験者特有の英会話の苦しみを乗り越える英会話講座とのことです。

デイビッドセインでも、幅広い層に人気のある『ドラえもん』の会話が英語になっているアプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」とかも取り揃えられております。ですので空き時間にでも利用すればだいぶ英語自体が楽しくなってきます。

英会話を学習する時の考え方というより、実際に会話する時の気持ちの持ち方といえますが、コミュニケーションのミスを恐れることなく積極的に話す、こうした態度がステップアップできる重要要素だと言えます。

授業の要点を鮮明にした実践型のトレーニングをすることで、異なる文化特有の風習やルールも併せて習得することが可能で、よりよいコミュニケーション能力を身につけることができます。

いったいどうして日本人は、英語でよく使われる「Get up」や「Sit down」という発音を、2語に分けて「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」というように発音するのか疑問です。このようなときは「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音した方がよい。

 

その道の先輩たちに近道

頑張ることなしにという意図ではなくを教えてもらうとしたら、サクサクと効果的に英語の力量を伸ばすことができるはずです。

再三に渡り声に出しての実践的な訓練を行います。この場合に、音調や拍子に意識を向けて聴き、文字通り模写するように行うことが重要です。

人気のあるニコニコ動画では、学習用の英会話の動画以外にも、日本語のフレーズ、普段使用するフレーズを英語にするとどんな風になるのかを総合的にまとめた映像を見られるようになっています。

英会話そのものは、海外旅行を不安なく、それに加えて堪能するためのツールのようなものですので、外国旅行で使う英語の会話というものは、そうたくさんはありません。

意味が不明な英文が含まれる場合でも、無料で翻訳してくれるウェブサイトや辞書的なサイトを使うことで日本語化できるため、そういうものを活かして自分のものにすることを推奨します。

 

私の経験では

リーディング学習というものを沢山やることによって言い回しをストックしたので、それ以外の3技能(聞き取り・筆記・発語)は、各々適当と思われる学習教材を若干やるだけでまかなえました。

いわゆる英語学習法には、「オウム返し」に繰り返すリピーティング、聞いたままに話すシャドウイング、聞き取ったものを書き出すディクテーションなどの多様な能率の良い学習方式があったりしますが、初歩の段階で有益なのは、何と言っても継続して聞くという方法です。

いわゆるコロケーションとは、連れだって使われるある単語と単語の連語のことを意味していて、スムーズな英語で会話をするにはこれを使いこなすための周知がすごく重要な点になっています。

英語を学ぶには、種々の能率の良い学習方式があり、「オウム返し」に繰り返すリピーティング、シャドウイング方式、「聞き書き」のディクテーションと、有名な海外ドラマや映画をそのまま使用する現実的な学習など、無数にあります。

抜群の人気のヒアリングマラソンというのは、リスニングというものだけでなく、相手が読んだ内容を終わる前に話すシャドウイング、書く方のディクテーション方式などの勉学にも利用出来るので、様々な種類を組み合わせながら学ぶ事を推奨します。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です